Scriptを使用しております。
あなたのブラウザは、Java Scriptの使用が許可されていません。
お手数ですが、ブラウザの設定で、Java Scriptの使用許可を有効にしてください。

iPhone/iPadの場合は、
https://www.softbank.jp/support/faq/view/12591
こちらをご参照ください。

医療法人 式場病院(精神科)

お知らせ

お知らせ

二笑亭綺譚にしょうていきたん』発売のお知らせ

『二笑亭綺譚』表紙

式場隆三郎の代表作『二笑亭綺譚』(1937年発表)を2020年2月に刊行しました。
隆三郎が終生願っていた木村荘八の挿絵を初めて用いた新装版で、建築史家五十嵐太郎さんの書き下ろしも掲載しています。

式場隆三郎『二笑亭綺譚』
中西出版株式会社、2020年2月24日
定価3,000円(税込3,300円)

当院の外来受付でも販売しています。

↑ 画像クリックで拡大 ↑

歴代『二笑亭綺譚』

『二笑亭綺譚』が初めて単行本化されたのは1939年ですが、その後度々復刊され、1冊の本の形になったのは今回で7回目です。それぞれ異なる出版社から、毎回異なる装幀で刊行され、一度に複数の種類が作られることもありました。これらは、それぞれに固有の味をもち、多彩な読書体験に誘ってくれます。

1939年2月, 昭森社
表紙

隆三郎によると、特製版、A版、B版、
C版(学生版)の
4種が作られた。写真はB版。

1956年9月,三笠書房
表紙

新しい読者のために、手軽な
ものを
目指して作られた新書版。

1958年10月,芋小屋山房
表紙

『二笑亭綺譚/豆本百趣第二冊』(限定150部)。
二笑亭主人が足袋仕立てを生業としていた
ことに因んだ装幀。

1965年6月,今野書房
表紙

『決定版二笑亭綺譚』。木村荘八の画風を
継ぐ三井永一が挿画を担当。
特製総布装釘本と超特製総皮装釘本が作られた
(写真は前者)。
隆三郎最晩年の作品。

1989年12月,求龍堂
表紙

『二笑亭綺譚 五〇年目の再訪記』。
式場隆成、藤森照信、赤瀬川原平の
書き下ろしや
新資料も合わせて収録。

1993年1月,筑摩書房
表紙

『定本 二笑亭綺譚』。
1989年版の増補改訂版。

外来受付時間

  • 初 診
  • 9:00〜11:00/13:00〜15:00
  • 再 診
  • 9:00〜11:30/13:00〜15:30
  • 休 診
  • 日曜、祝日、年末年始

call047-372-3567

施設・環境

お知らせ