Scriptを使用しております。
あなたのブラウザは、Java Scriptの使用が許可されていません。
お手数ですが、ブラウザの設定で、Java Scriptの使用許可を有効にしてください。

iPhone/iPadの場合は、
https://www.softbank.jp/support/faq/view/12591
こちらをご参照ください。

医療法人 式場病院(精神科)

こころの病と治療

こころの病と治療

精神作用物質使用による
精神および行動の障害

精神作用物質使用による精神および行動の障害とは、いわゆる「依存症」のことです。

アルコール、有機溶剤、覚せい剤をはじめとする麻薬類、脱法ドラッグの依存など、使用・乱用する物質や薬品によりさまざまな名前が付きます。風邪薬や鎮痛剤、栄養ドリンクなどの常用薬品の乱用も同じ定義に入ります。

これら物質や行為がやめられなくなった状態が「依存症候群」で、やめようとすると心や身体が拒否するいわゆる禁断症状を呈する状態を「離脱状態」といいます。

治療は困難を極めますが、精神科では主に離脱状態の患者さまを中心に治療を行います。なお、この障害にはパーソナリティー障害の合併が多く見られるため、その治療を併行して行うことがあります。

外来受付時間

  • 初 診
  • 9:00〜11:00/13:00〜15:00
  • 再 診
  • 9:00〜11:30/13:00〜15:30
  • 休 診
  • 日曜、祝日、年末年始

call047-372-3567

施設・環境

最新情報