医療法人式場病院

沿革

昭和11年 式場隆三郎・式場倭文夫両名によって設立され、国府台病院と命名した。
昭和21年 式場病院と改称
昭和28年 病床151床に増床
昭和31年 病棟、本館を新設(病床231床)
医療法人に組織を変更
昭和43年 式場隆三郎記念病棟完成(病床335床)
昭和59年 新病棟完成(病棟366床)
平成12年 6月 新館完成(JK病棟・事務室・薬局・会議室等)
8月よりJK棟50床  精神療養病棟
平成13年 3月よりBC棟47床 精神療養病棟
4月よりHI棟44床  精神療養病棟
平成16年 8月 デイケア新築
11月 ストレスケア病棟新築
平成17年 2月よりストレスケア病棟50床  精神療養病棟
F棟 55床  精神療養病棟
E棟 56床  精神基本15対1入院料
7月 厨房・南棟 増改築
平成18年 2月南棟3階改修
10月 吉松和哉院長就任
平成23年 4月 新A棟50床 新築 精神療養病棟
BC棟改修の為閉鎖
A棟36床から33床へ減床
平成23年 7月31日 A棟33床 精神基本15対1入院料閉鎖
8月 BC棟33床 改修 精神基本15対1入院料
10月 吉井光信院長就任
PAGE TOP